アドセンスはキーワード選定が命!必ず上位表示する選び方とは?

目安時間 12分

アドセンスで稼ぐために、
一番大切なことの一つはキーワード選定。

 

 

キーワード選定を間違っていると、
どんなに良い記事を書いていても
ブログを見てもらえません。

 

 

アドセンスブログの

キーワード選定についてお話しします。

アドセンスはキーワード選定が命!

 

 

大切なことの一つは、
多くの人が検索するキーワード

選ばないとダメという事です。

 

 

多くの人が検索する=需要があるという事。

 

 

内容は凄く参考になって、
間違いなく得られるものがある記事を書いても、

 

誰も検索をしなければ、
人の目にも触れられないので、
その記事は何の意味も持ちません。

 

 

という事は、
1 円も稼ぐ事は出来ないという事。

 

 

アドセンスは広告がクリックされないと
報酬が入りません。

 

 

アドセンス広告は、
一定の確率でクリックされます。

 

 

アクセスが増えれば増えるほど、
クリックされる回数も増えるので、
その分稼ぐことができます!

 

 

アクセス数と報酬は比例するので、
需要があるキーワードを選ぶことは、
は非常に重要な要素なんです。

 

 

大切なことの二つ目は、

ライバルがいない、または少ないキーワード

を選ぶということ。

 

 

検索エンジンで何かを調べる場合、
ほとんどが検索結果の 1 ページ目しか
みないことはありませんか?

 

これは、あなたに限った事ではなく、
みんなそうなのです!

 

 

ということは、
たくさんアクセスを集めるためには、

 

あなたの記事は、

検索結果の1ページ目に入る必要があるという事。

 

 

そして、あなたの記事が1ページ目に入る為には、
ライバルがいない、または弱いキーワードを選んで
記事を書く必要があるという事です。

 

 

私が実際にやっている
キーワードの選び方をお伝えしますので、
ぜひ参考にして下さい!

 

キーワード選定のやり方!

 

キーワードは3つ以上の単語を組み合わせている

複合キーワードを選びます。

 

単一キーワード            :ブログ
複合キーワード        :ブログ 始め方
3語の複合キーワード    :ブログ 始め方 稼ぐ

 

 

複合キーワードが 3語、4語と
増えれば増えるほど、
ライバルは少なくなっていきますが、

 

検索する人も、
どんどん少なくなっていきますので、
上位表示できたとしても、
アクセス数は少なくなります。

 

 

単一キーワードや2語の複合キーワードで
上位表示ができれば、

アクセス数は格段に増えます。

 

しかし、3語の複合キーワードで

上位表示しなければ、
単一キーワードや 2語の複合キーワードで、
上位表示することはできません。

 

 

ですので、まずは、

3語の複合キーワードで上位表示を目指します。

 

メインキーワードの決め方

 

まず、メインとなるキーワードを決めます。

 

 

これは、

普段の生活の中で目に付く物や疑問に思った事

メインキーワードにすればOK。

 

 

私は今、目の前にある「カーペット」を選びましたよ。

 

 

メインキーワードは「カーペット」で、
今度は組み合わせる複合キーワードを決めます。

 

複合キーワードの決め方

 

 

複合キーワードは、
無料ツールを使って抽出することが出来ます!

 

 

使用する無料ツールは、ラッコキーワードです。

https://related-keywords.com

 

 

検索窓に、選んだメインキーワードを入力すると、
複合キーワードがたくさん出てきます。

 

2語の複合キーワードを入力すると、
それに関連する3語目のキーワードを
探すことも出来ます。

 

 

今回、私は「カーペット 」という
キーワードを入れてみました。

 

 

この中から需要のあるキーワード

を見つけていきますので、

 

全キーワードコピー(重複除去)

クリックしてコピーします。

 

 

 

 

次に使う無料ツールは、キーワードプランナーです。

https://ads.google.com/aw/keywordplanner/home

 

 

 

先ほどコピーしたキーワードを貼り付けて、

確認するをクリック。

 

 

 

 

月間平均検索ボリュームをクリックすると、
1ヶ月間の平均検索ボリュームが多い順に並び変えられます!

 

 

 

この数字が大きいほど需要があり、
アクセスが集まりやすくなります。

 

 

ですが、
検索ボリュームが大きければ大きいほど、

 

そのキーワードを狙っている

ライバルも多くなりますので、
上位表示するのも難しくなります。

 

 

私の場合は、キーワードプランナーの数値では、
100‐1000のボリュームのキーワード

メインに選んでいます。

 

 

キーワードプランナーの数字は、

1年間の平均ですので、

 

ある季節だけ多く検索されそうなキーワード

(クリスマス、バレンタインなど)では、
10-100のボリュームのキーワードを

選ぶこともあります。

 

 

数字の出ないキーワードは、

需要がないと判断して避けます。

 

 

今回は、
「カーペット 洗濯機 何キロ」
というキーワードを選びました。

 

 

ライバルチェックの方法!

 

 

「カーペット 洗濯 機 何 キロ」の
キーワードを選びましたので、
グーグルの検索窓に入力してチェックします。

 

 

 

検索したら1ページ目に表示されている
サイトやブログを確認します。

 

確認するポイントはこの2点!

●Yahoo知恵袋や教えてgoo等のQ&Aサイトがあるか

●アメブロやはてなブログなどの無料ブログがあるか

 

 

 

 

一つでも無料ブログや Q&A サイトがあれば、
このキーワードのライバルは弱いと考えます。

 

 

二つ、三つとあるならば、
高確率で上位表示することができますよ。

 

 

最後にライバルブログの数をチェックします。

 

 

Googleで検索したいキーワードの頭に、
「allintitle:」と入力してから検索します。

 

 

私の場合は、
「allintitle:カーペット 洗濯機 何キロ」ですね。

 

 

 

検索結果の件数が、今回は2件と出ました。

 

 

「allintitle:○○」と入力すると、
全ての複合キーワードが記事タイトルに
含まれているかどうかが分かるんです。

 

 

複合キーワード全てを含むサイトが多いと、

ライバルは多いという事になり、
上位表示が難しいですが、

allintitle:が少ないという事は、
上位表示される可能性が高くなります。

 

allintitle:のライバル数

10件以下:高確率で上位表示

50件以下:上位表示出来ることも

50件以上:ブログが育たないと上位表示が難しい

 

私が選んでいるキーワードは、

ほとんど10件以下です!

 

かなり高確率で上位表示が狙えますよ!!

 

 

まとめ

 

私は、いつもこのやり方で、
需要はあるけどライバルは弱いキーワード

を見つけています。

 

 

この方法でキーワードを選べば、
アクセスが集まらないということは絶対にありません。

 

 

もし、感覚や自己流でキーワード選定をしている人は、
やってみると簡単ですので一度試してみて下さいね。

プロフィール

ひろし

管理人

ひろし

飲食店で働いているサラリーマンです。 忙しい中でも隙間時間で稼げる副業ということで ネットビジネスを実践。 同じ境遇の方の参考になれば嬉しいです。

最近の投稿
カテゴリー