サーチコンソールを使って記事を早く検索結果に反映させる方法!

目安時間 5分

ブログ開設初期などは、
せっかく記事を書いても
なかなか検索結果に反映されません。

 

 

検索エンジンにサイトの情報が登録されたことを
インデックスされたって言い方をします。

 

 

まだブログが育っていないような状況では、
なかなかインデックスされなくて、
数日かかったりするようなこともあります。

 

 

そんな時は、

サーチコンソールのURL検査という
機能を使うことで、

 

手動でGoogleに、
記事のインデックスを促すことが出来ます。

 

サーチコンソールのURL検査の使い方

 

まず、サーチコンソールを開きます。

https://search.google.com/search-console/

 

 

メニューのURL検査をクリックします。

 

 

 

検索窓に、インデックスを早めたい記事のURLを入力します。

 

 

 

この画像↓が出ると、まだその記事は

インデックスされていないってことです。

 

 

 

「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

 

 

 

リクエストが完了すると、

この画面↓になりますので

OKをクリックして完了です。

 

 

 

この作業が完了したからと言って、
インデックスされたという事ではありません。

 

この作業は、「インデックス登録してくださーい」って
Googleに催促しただけ。

 

ブログの状態や記事によってスピードは異なりますが、
私の場合は、5分~数時間でインデックスされる事が多いです。

 

 

この画面↓は、インデックスされてるって事です。

 

 

インデックスを早めるメリット

 

書いた記事を早くインデックスさせることで、
当然、アクセスを早く集めることが出来ます。

 

 

テレビやニュースをネタにする
トレンド記事なんかは、
早く検索結果に自分の記事が表示されないと、

 

旬が過ぎてしまって、
誰もその記事に見向きもしなくなりますよね。

 

 

特に内容が似ている記事なんかは、

インデックスに時間がかかってしまったら

ライバルに埋もれてしまいますから、

スピード勝負になってきます。

 

ですので、

トレンド色が強い記事を投稿する時は、
必須の作業です。

 

 

また、過去の記事の修正や追記をした場合も、

更新前の情報がしばらくは掲載されてしまいます。

 

最新の情報を早く反映させたい場合にも
URL検査を使うことで、
出来るだけ早く表示することが出来ます。

 

 

まとめ

ブログが育ってくれば、
URL検査をしなくても数分で
インデックスされるようになります。

 

 

でも、ブログ開始初期や、まだ育っていない時は、
少しでも早く検査結果に表示して貰う為にも
URL検査を活用してみてください。

 

 

やってみれば簡単ですので、

手間もかかりませんよ。

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

ひろし

管理人

ひろし

飲食店で働いているサラリーマンです。 忙しい中でも隙間時間で稼げる副業ということで ネットビジネスを実践。 同じ境遇の方の参考になれば嬉しいです。

最近の投稿
カテゴリー