アドセンスのクリック単価が低すぎる原因!?

目安時間 6分

ここ最近、アドセンスのブログのアクセスは
順調に伸びているんですが、
問題なのはクリック単価。

 

アドセンスブログの
平均クリック単価って、
25円から30円のはず。

 

なのに
ただいまの金額は8円!!

 

そう、安すぎるんですよねー。

アドセンスのクリック単価が低い原因

 

ちょっと自分なりに、
いろいろと原因を調べたんですよ。

 

 

時期によってアドセンス単価は変動する

 

アドセンスには広告主がいて、
広告主の多くは12月と3月が決算月。

 

企業は、予算を消化するために
決算月にはお金を使うんで、
3月と12月はアドセンス広告費が上がる。

 

一方、1月と4月は決算月が過ぎたばっかりなので
企業はお金を使いません。

 

アドセンスに広告をお金を使う企業は少なくなるので、
クリック単価も低くなる傾向とのこと。

 

 

アクセスの母数が少ない

 

アクセスの母数が1日100アクセスくらいで少なければ、
クリック単価の変動は大きなものになる。

最低でも1日1000アクセスを超えるくらいまでは、
クリック単価が低くても気にする必要はないとのこと。

 

私のブログは1日5000アクセスを超えてるんで、
めちゃくちゃ気にします!!

 

 

スマートプライシング

 

スマートプライシングは、
商品やサービス申込みに繋がるかどうか
によってアドセンス報酬が変化するシステム。

 

広告がクリックされるのは過程で、
広告主がほしいのは商品やサービスへの申し込み。

 

100回クリックされて、
1件も申込みがなければ
企業にとっては全く意味がありません。

 

そこでアドセンスは、
商品やサービス申込みに繋がらないブログの
クリック単価を機械的に引き下げています。

 

 

あまりにも広告のクリックが成約に繋がらないと、
クリック単価は下げられてしまうということですが、
これはどうしようもなさそう。

 

クリック単価を上げるには!?

 

原因を調べても自分では
どうしようもなさそうなんで、
クリック単価を上げる方法を調べてみました。

 

 

クリック単価の高いジャンルを選ぶ

 

ダイエット 、転職 、金融関係、
脱毛、英会話などの儲かるジャンルほど
のクリック単価は高い。

 

このジャンルの記事で上位表示すれば、
クリック単価500円や1000円もありえるとのこと。

 

 

でも、このジャンル、
かなり強そうな特化サイトが
うようよしてるんですよね。

 

バンバン上位表示していくのは
難しそう。

 

 

誤クリックを避ける

 

誤クリックを誘発すれば、
短期的にはアドセンスの合計報酬は伸びるが、

結果的には、スマートプライシングで
クリック単価を下げられて損をする。

 

だから、誤クリックへの誘導はしないほうが良いとのこと。

 

 

でも、誤クリックはしてないし、
誘発もしてない!!

 

 

広告のブロックの活用

 

アドセンスには、
どのジャンルの広告を表示させるかを
選択できるシステムがあります。

 

クリック単価の低いジャンルを
ブロックすることで単価を上げられるとのこと。

 

クリック単価の低いジャンルで、
よく言われるのは、Amazonと楽天。

 

ブロックしたら必ずしも
クリック単価が上がるわけではないらしい。

 

でも、特に変化がなければ、
ブロックを解除すれば良いだけ。

 

 

1度、この2つの広告をブロックして
試してみますので、
また結果を報告しますね。

 

まとめ

どこを調べても、
クリック単価を上げる
具体的な方法というのは
見つかりませんでした。

 

コロナの影響で、
クリック単価が下がっているというのも
聞いたことはあるんですが、
もう回復してきても良さそうな気も。

 

対策も、自分では
何ともならない事が多いです。

 

今のところ
広告のブロックを試してみて、
アクセスをさらに伸ばすことに
集中するしかない感じです。

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

ひろし

管理人

ひろし

飲食店で働いているサラリーマンです。 忙しい中でも隙間時間で稼げる副業ということで ネットビジネスを実践。 同じ境遇の方の参考になれば嬉しいです。

最近の投稿
カテゴリー